【かなりエロい漫画です】人をダメにするちょいブス・ネタバレとあらすじを無料で配信します。

縛り上げられた洋子は、抵抗もできずただ震えていた。

 

「やだっ、や、やめ、……!」

ローションを絡めた極太のバイブが、強引に突き入れられた。

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

人を大切にするなら今も昔もノミュニケーションです。

普段からのノミュニケーションを上手く行っていく事で素敵な時間を送っていく事が可能となるのです。

 

普段からの飲み会を行っていく会社がどんどん減っていく中で重要な事となるのはやはり普段からの飲み会をいかにして行っていく事を考えるかではないのでしょうか。

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

素敵な方法としての飲み会等を考える中で重要な方法となるのはやはり普段からの素晴らしい飲み会等で素敵なノミュニケーションを行っていく事です。

 

普段からの飲み会等の中で中間管理職ともなるとやはり普段からのそのような中での方法としての飲み会を上手く行っていく事が重要な方法となるのです。

 

普段からの飲み会の中で重要な事はいかにして相手の意見等を上手く聞きながら最適な飲み会を行っていく事を考えるかではないのでしょうか。

 

そのような中での素敵な飲み会を楽しんでいく中で重要な方法としての素敵な飲み会を送っていけるかどうかを考えるかではないのでしょうか。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

人の意見を上手く聞いていく事で素敵な人生を送っていく事を考える事で素晴らしい人生を送っていく事を考える事が重要な方法となるのです。

 

そのような中で素敵な自分でいる事は大変重要な方法としての自分を考える事が重要な方法となるのです。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

玩具に翻弄され、細い肢体が震える。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

これは、病院でのエッチな体験談の漫画です。

 

 

私はある日、体を壊して病院に行きました。

 

 

そして、血圧を測ることになりました。

 

 

椅子に座って待っていると、そこそこ美人の看護士さんが、やってきました。

 

 

体は、ムチムチでおっぱいも大きいです。

 

 

看護士さんは、私の正面に来ました。

 

 

そして、私は血圧を測ってもらうために、右腕を看護士さんの前にさしだしました。

 

 

すると、看護士さんは、私の腕を脇のちょっと下くらいに、持っていき、腕と体で私の腕を挟みました。

 

 

そして、その状態のまま、血圧のゴムみたいなものを、私の腕に巻きました。

 

ちょっとわかりにくいですが、簡単に言えば、私の腕が、看護士さんの脇とおっぱいを触っているような状態になったのです。

 

このやり方って普通なの?

 

 

たぶんこのやり方、この人だけでしょ?

 

 

よくわからないけど。

 

 

この状態やばくないですか?

 

 

私が、看護士さんにイタズラしてるみたいに見えるんですけど。

 

 

どちらにしても、看護士さんのムチムチの肉体の感触を味わえるので、とても気持ちよくて興奮します。

 

 

看護士さんは冷静ですが、彼女も触られているような気分になって、興奮してるのかなと思いました。

 

 

これなら、毎日血圧を測りたい

 

。そんな気分になってしまいました。以上、こののエッチなネタバレでした。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

これは、主人公が中学生時代のエッチな体験談です。

 

 

ある日、学校の授業が終わり部活の時間になりました。

 

 

私の部活は男女混合の部活で、しかも、外でやる部活でした。

 

 

基本的には、バラバラで練習するのですが、その日は、男女いっしょに練習していました。

 

 

すると、急に雨が降ってきました。どしゃ降りで、雷でも鳴ったらさすがに終わりですが、私たちの部活は、全国でも優勝を狙えるくらいの活躍を、見せていました。つまり、厳しい部活だったのです。

 

 

多少の雨くらいでは、建物の中に入れません。

 

 

でも、雨は少し降っているので、服がぬれてきます。

 

 

半そでの服は、白色で薄い生地でできています。というこは、もうわかりますね。

 

 

ぬれると、透けちゃうんです。

 

 

私は、女子の上半身を見てみました。すると、見事にブラジャーが透けています。

 

 

いや、透けているというか、ブラジャーだけに見えます。

 

 

そして、人によってはブラだけではなくて、乳首も透けます。

 

 

私は、可愛い先輩のところにさりげなく近づいて、おっぱいを見て見ました。

 

 

すると、乳首がはっきり透けていました。

 

 

私は、めちゃくちゃ興奮しました。

 

 

そして、20分ほど経過したらほぼ全員、透けブラの状態になりました。

 

これは、めちゃくちゃ楽しいエッチな漫画でした。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

 

私はもともとあまりエッチが漫画好きではありませんでした。

 

 

当時は20代前半くらいでした。

 

 

好きでなかった理由は相手との相性が合わなかったりしていたことで毎度痛くて、気持ち良くないものだと思っていたからです。

 

 

何度しても痛い。

 

私は一生痛いんだろうなと思って毎度していました。

 

 

誰かとやるやりも1人でした方が気持ちがいいと思っていましたし、気持ちよくなれない自分が本当に嫌でした。

 

そんな中で私は幼稚園からの幼馴染と普通に遊んで、帰るのが面倒になってしまって幼馴染だから、いいかと思い夜一緒に過ごすことにしました。

 

 

しかし幼馴染は自分が思っているよりも男性で、寝ていると流れで襲われしてしまいました。正直抵抗もしませんでした。

 

 

理由はキスをされたときに今までの人と「何かが違う」と感じたからです。

 

凄く上手だなと思いました。

 

 

触られていくたびに気持ちよくて、気持ちよくなるスポットを全部知っているのかといいたくなる程気持ちいいです。

 

今まで感じて声を出すなんてことほとんどなかったのですが、自然と声が漏れてしまっていました。それと同時にたくさん濡れて自分から入れてほしいと思うほど体は感じていました。

 

 

慣れているんだろうなというのも分かったのですが、私のように感じられない人にはこういった男性の方がいいんだなと思いました。

 

 

いつもであれば痛みのほうが強いので力が入ってしまうのですが、しっかりと体を慣らしてもらったことですんなりと入りました。

 

 

入れる瞬間は少し苦しいというか痛みもあったのですが入ってしまえばあとは痛みもなくなり、今まででは感じたことのない気持ちよさがありました。

 

 

急に気持ちいいような歯がゆいような感覚が襲ってきて、でも最初は「これはなんだ?」という感じでした。

 

 

その日は分からないまま終わってしまったのですが、またエッチがしたくて会いたくなり、何度か行為をしていくとどんどん気持ちよさというのを分かるようになっていきました。

 

 

私が一番相性が合うのは幼馴染だなと思いますし、幼馴染は結婚してしまいましたが今でもたまに会いたいな、エッチがしたいなと思います。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓