人をダメにするちょいブス【濃厚潮吹き妻との体験談】

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

濃厚潮吹き妻との体験談私が24才の頃です。

 

その当時、車で友人とナンパに行くのが流行っていました。

 

ある土曜日の夜、いつものように駅前でナンパしようと歩いていると二人組の女の子が噴水前で座っていました。

 

チャンスだと思い、声をかけに行きました。

 

その日は話しだけし、携帯のメールアドレスを交換しました。

 

一週間後、会う約束をしていたので車でその子を迎えに行きました。

 

時間は夕方くらいだと思います。

 

その子の印象は芸能人でいうと当時、よくドラマなどで活躍していた藤谷美和子さんに似ており、可愛い印象でした。

 

年齢は25歳で私より一つ上でした。

 

彼氏はいるのか聞いたところ、結婚していると答えました。

 

しかし、仲はあまりよくない様で私がナンパした時、友達に離婚の相談をしていたという事でした。

 

その夜、食事をし、車でその人妻いちゃいちゃしていました。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

人をダメにするちょいブスの

「無料ネタバレ」

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画のネタバレとあらすじ

私は当時、ワンボックスに乗っていました。

 

後部座席を倒していちゃいちゃしているとその人妻が私の股間を触ってきました。

 

私は触られる前から股間がビンビンになっていました。

 

濃厚なディープキスをしながら、私は人妻の服を脱がしていきました。

 

人妻から荒い呼吸がもれて益々興奮してきました。

 

おっぱいを舐めまわした後、パンティーを脱がし、あそこを見ました。

あそこは綺麗なピンク色でもうラブジュースが出ていました。

 

私は人妻のあそこを指で触り糸が引いているのを確認し、舐めまわしました。

 

人妻のあそこは良い匂いで多分まだシャワーは浴びてなかったように思います。

 

独特のエッチな匂いでした。ちょっとおしっこの匂いも混ざっていました。

 

人妻のあそこを舐めまわした後、人妻にあそこに指を入れました。

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓